4 知っていると便利な知識

4-1 書き出したファイルやフォルダの構成
★T-Time ロゴ

T-Timeは自動的にフォルダを分割して書き出します。
携帯電話やデジタルカメラでは、ひとつのフォルダに最大約300ページ、それ以外のデバイスでは最大約1000ページが収められます。

各フォルダの最後には、左のようなT-Timeのロゴとコンテンツのタイトルが入ったページが挿入されます。



接続したデバイスに直接書き出した場合、iPod photo、PSP、電子手帳などではドットブックなどのタイトルがフォルダ名につけられます(ドットブックの設定によります)。携帯電話やデジタルカメラでは、書き出し先に存在するフォルダと重ならないフォルダ名が自動的につけられます。
ハードディスクに書き出したときは、どのデバイスを選択していてもフォルダ名にドットブックのタイトルがつきます。


自動分割されたフォルダ(例:PSP)

★画面追加 分割されたフォルダ PSP


自動分割されたフォルダ(例:デジタルカメラ)

★画面追加 分割されたフォルダ 携帯電話



T-Timeのエリア固定表示でのアンカー(▲)は、表示しているページが「ブック全体のどのあたりかにあるか」を示しますが、書き出されたデータの各ページのアンカーは「ひとつのフォルダ内での位置」を示します。


 
 

知っていると便利な知識
<< 応用編:特殊な画面構成のデバイスに書き出す

 

     

目次困ったときには


お問い合わせはこちらから >>

ボイジャーT-Time

 
 

(c) 2005 Voyager Japan, Inc.