5 困ったときには

■Q.メモリカードがデータでいっぱいになったときには
■Q.書き出したデータを表示できる携帯電話の機種が知りたい
■Q.書き出し可能なドットブックを手に入れるには
■Q.書き出したいデバイスの表示液晶の大きさがわからない
■Q.ゲージが表示されない
■Q.タイトルバーにブックのタイトルが表示されない
■Q.自動書き出しのときに「書き出し先が見つかりません」と表示される
■Q.書き出しを途中で止めたい
■Q.ポケットPCにコピーしたドットブックを読むには
■Q.背景画像を消すことができない
■Q.書き出そうとしたら「書き出し続行確認」ダイアログが表示された
■Q.書き出されるデータの容量を知りたい
■Q.書き出せるコンテンツと書き出せないコンテンツの見分け方
■Q.Vodafone 702NKにハードディスクからコピーするとうまく表示できない
■Q.[カスタム設定]でサイズを指定しても、指定どおりに表示されない

■Q.メモリカードがデータでいっぱいになったときには

読み終わったフォルダを削除します。

次のいずれかを実行してください。

(1)Macintoshでメモリカードのフォルダ削除する

(2)デバイスでメモリカードをフォーマットする

(3)デバイスの機能を使ってフォルダを削除する

新たにドットブックを書き出すときに、メモリカードの内容を表示して(1)の方法で読み終わったフォルダを削除するのがよいでしょう。削除するフォルダを「ごみ箱」にドロップしたあと、デバイスを接続した状態で「ごみ箱を空にする」を実行してください。

携帯電話、デジタルカメラ、PSPでは(2)が可能です。読書専用メモリカードを作っておけば便利に使えます。

デバイスによっては(3)は使えないことがあります。詳細についてはそれぞれのマニュアルをご参照ください。

※フォルダを削除するときは、必要なフォルダやデータを削除しないように十分ご注意ください。

■Q.書き出したデータを表示できる携帯電話の機種が知りたい

Voyagerのホームページに対応表があります。

URL:http://www.voyager.co.jp/T-Time/devlist.shtml をご覧ください。

■Q.書き出し可能なドットブックを手に入れるには

Voyagerのホームページで入手先をご紹介しています。

URL:http://www.dotbook.jp/dotbook/index.php をご覧ください。

■Q.書き出したいデバイスの表示液晶の大きさがわからない

ご使用になるデバイスのマニュアルをご覧ください。

それでもわからないときは、Voyagerのホームページに携帯電話とデジタルカメラの「お試し画像」がありますので、ダウンロードしてご使用になるデバイスのメモリカードにコピーして表示してみて、適切なサイズを選んでください。

  → メモリカードへのコピー方法、コピー先フォルダなどは
    応用編:あとからデバイスにコピーする方法:メモリスロット付き携帯電話
    応用編:あとからデバイスにコピーする方法:デジタルカメラ
    を参考にしてください。

T-Timeが標準で対応しているデバイスと表示画面サイズは次のとおりです。

デバイス名 サイズ(pixel)
iPod photo 220×172
iPod photo テレビ出力 440×344
iTunes アートワーク 256×256
メモリスロット付き携帯電話 240×260
メモリスロット付き携帯電話(フルスクリーン) 240×320
メモリスロット付き携帯電話(Nokia 6630:イメージショー) 208×156
携帯ゲーム機(SONY PSP) 480×272
デジタルカメラ(一般的な液晶モニター CASIO EX-Z55など) 320×240
デジタルカメラ(高精細液晶モニター) 640×480
デジタルカメラ(Panasonic DMC-FX7) 384×268
フォトストレージ(EPSON P-2000) 640×480
QVGAデバイス 320×240
VGAデバイス 640×480
SVGAデバイス 800×600
XGAデバイス 1024×768
カスタム 自由指定

■Q.ゲージが表示されない

[表示]メニューの[ゲージ/ボタン]をクリックしてください。

ドットブックの設定によっては、開いたときにゲージが表示されないものがあります。

■Q.タイトルバーにブックのタイトルが表示されない

[表示]メニューの[タイトル]をクリックして、サブメニューから表示させたい項目を選択してください。

タイトルバーをクリックしても表示を切り替えることができます。

■Q.自動書き出しのときに「書き出し先が見つかりません」と表示される
★「書き出し先なし」のメッセージ表示

まず、Macintoshにメモリカードが認識されているかどうか確認してください。

認識されているのに上記のメッセージが表示されるのは、書き出し先のメモリカードにDCIMフォルダやPHOTOフォルダがない場合です。



デバイスの種類別に対処方法は次のとおりです。

携帯電話やデジタルカメラの場合は、写真を1枚撮影してから再度接続して書き出しを実行してください。

PSPでは大事なデータがないことを確認してから、PSPでメモリカードをフォーマットしてください。

メモリカードはできるだけご使用のデバイスでフォーマットすることをお勧めします。また、読み終えたフォルダを削除するときには、T-Timeで書き出したフォルダ以外のファイルやフォルダを削除しないように十分ご注意ください。

■Q.書き出しを途中で止めたい

〔コマンド〕キーを押しながら〔.(ピリオド)〕キーを押してください。

書き出し途中のフォルダの最後には、T-Timeのロゴとドットブックのタイトルが入ったページが挿入されます。

■Q.ポケットPCにコピーしたドットブックを読むには

プログラムの中の「Pictures」を使います。詳しくはお使いの機種のマニュアルをお読みください。

■Q.背景画像を消すことができない

[エリア固定時の設定]メニューの[背景画像表示]のチェックをはずしても背景画像が表示されるときは、もとのコンテンツに背景画像が設定されています。標準(エリア可変)モードで使う[表示]メニューの[背景イメージ]に入っているチェックをはずしてください。

■Q.書き出そうとしたら「書き出し続行確認」ダイアログが表示された
★ダイアログ画面

書き出そうとしているコンテンツと同一のコンテンツで、「文字サイズ」や「文字の向き」などの設定が異なる書き出しデータが存在するときに表示されます。

そのまま<書き出しを続行>をクリックすると、新たなフォルダを作成してそこへデータを書き出します。

先に書き出したデータを消してもいいときは、「異なる設定のファイルを削除」をチェックして<書き出しを続行>をクリックしてください。同じコンテンツから書き出されたすべてのフォルダが削除され、新しいフォルダにデータが書き出されます。


■Q.書き出されるデータの容量を知りたい

環境や設定によって異なるので、一概には言えません。背景画像のあるなし、区切りページの枚数などで、容量は変化します。文字サイズを大きくするとページ数が増え容量も大きくなります。

ダウンロードページにあるお試し用のドットブック「Gesaku.book」の書き出し結果をあげておきますので、参考にしてください。

データの容量
デバイス 画面サイズ ページ数 固定モードでの縮尺率 分割フォルダ数 書き出されたされた容量
iPod photo 220×172 346 105% 1 約4MB
メモリスロット付き携帯電話 240×260 259 110% 2 約6.2MB
携帯ゲーム機(SONY PSP) 480×272 121 110% 1 約4.4MB
デジタルカメラ(一般的な液晶モニター CASIO EX-Z55など) 320×240 226 120% 2 約6.2MB

※Mac OS X 10.3、場所を指定してハードディスクへ書き出した結果です。

■Q.書き出せるコンテンツと書き出せないコンテンツの見分け方
★ファイルメニュードロップダウン

T-Timeでコンテンツを開いたら、[ファイル]メニューをクリックしてください。[書き出し]が黒い文字で表示されていたら書き出せます。



■Q.Vodafone 702NKにハードディスクからコピーするとうまく表示できない

手動でコピーすると日付が変更されるのが原因です。Vodafone 702NKをお使いの場合は必ずメモリカードに直接書き出してください。

  → 直接書き出しの方法はこちらをご覧ください。


■Q.[カスタム設定]でサイズを指定しても、指定どおりに表示されない
★[エリア固定時の設定]コンテキストメニュー 縦横注目

[エリア固定時の設定]メニューの[縦置き]にチェックが入っています。

「エリア固定」モードでゲージの左側にある<縮尺>ボタンをクリックして、[エリア固定時の設定]メニューの[横置き]を選択してください。
指定どおりのサイズで表示されます。

それでも表示されないときは[横置き]を選択後、[カスタム設定]で再度「幅と「高さ」を指定してください。



 
 

困ったときには
<< 知っていると便利な知識

 

 

     

目次困ったときには


お問い合わせはこちらから >>

ボイジャーT-Time

 
 

(c) 2005 Voyager Japan, Inc.