2-2 実践編:書き出し画面の調整

書き出した画面を実際に携帯電話やデジタルカメラで見てみると、読みにくい場合があります。
そんなときはエリア固定表示の画面で、文字の大きさや向き、ノンブルやガイドの表示などを調整、変更します。

ここでは[エリア固定時の設定]メニューを使用します。各メニュー項目の詳細についてはヘルプをご覧ください。

[エリア固定時の設定]メニューで行なった変更は「標準(エリア可変)」モードの表示には反映されません。


文字の大きさを変更する

★縮尺表示のメニュー

ゲージの左にある<縮尺>ボタンをクリックすると表示されるメニューで変更します。

70〜400までの数字は縮尺率です。文字を大きくしたいときはチェックされている数字よりも大きな数字を、小さくしたいときは小さい数字を選択してください。




ノンブルやガイドの表示を変更する

[エリア固定時の設定]メニューの「ノンブル」、「ガイド」のサブメニューで変更します。
ノンブルは「中央」、ガイドは「アンカー」がデフォルトです。

★[エリア固定時の設定]コンテキストメニュー ノンブルとガイド注目
★ノンブル4種類、ガイド3種類画像


 
 

実践編:書き出し画面の調整
<< 実践編:機種別書き出しの手順

 

実践編:書き出し時のオプション >>
 iPod photo
 メモリスロット付き携帯電話
 携帯ゲーム機(SONY PSP)
 デジタルカメラ
 VGAデバイス(電子手帳 Zaurus SL-C1000など)
 
   

目次困ったときには


お問い合わせはこちらから >>

ボイジャーT-Time

 
 

(c) 2005 Voyager Japan, Inc.