space
FAQ


Q
 Windows 98 以降の機種(XPなど)で、再生はできますか?
A

 CD-ROM「オキナワなんでも辞典」は、XPでも動きます。

 動作環境に必須である QuickTime が重要なポイントです。

 CD-ROM に同梱のものは、作成当時(1999年)のVersion 4.0.2なので 最新版(2004年1月現在)の Version 6.5 をインターネット経由で入手することをお薦めします。

 入手URL:
 http://www.apple.co.jp/quicktime/download/index.html

 システムにインストールされていない場合、T-Timeを起動すると、初期化できない旨のメッセージが出て起動できません。

 T-Time 機能限定版(Version 2.3)をインターネット経由で入手しインストール済みの場合、音声再生の設定が解除されている場合があります。T-Timeは音声を再生するときに、補助的なアプリケーション「SMoviePlayer.exe」を使い、tts形式ファイルを開くことで音声を再生します。そのため、tts形式ファイルを開くプログラムを「SMoviePlayer.exe」へ再指定することで解決できるます。
 Windowsのヘルプを参考に、ファイルを開くプログラムの変更をしてください。

▼tts形式ファイルを「SMoviePlayer.exe」で開く方法▼

 Windowsのヘルプを参考に、ファイルを開くプログラムの変更をしていただいて結構です。    CD-ROM「On_jiten」を開いていただき、ディレクトリ「material」の「sound2」を開いていください。「661」でやってみましょう。

  1. まず「661.tts」および「661.aif」ファイルがあることを確認してください。
  2. 「661.aif」ファイルのアイコンがQuickTimeのマークであることを確認してください。
  3. 「661.tts」ファイルのアイコンが、書類のアイコンの中央に小さなウィンドウらしきものがデザインされたものであることを確認してください。
  4. 「SMoviePlayer.exe」の場所を確認してください。
    T-Time 2.3のインストール時、保存場所を御自身で指定していなければ、「Program Files」ディレクトリ内に「T-Time 2.3」ディレクトリがあり、その中の「ツール」ディレクトリにあるはずです。
  5. 以上の状況でなければこれからお伝えする手順は無意味です。
    確認の後、以下に進んでください。
    ※万一、状況が違うという場合、お知らせください。
    確認が終わったら、tts形式ファイルを「SMoviePlayer.exe」で開く指定をします。落ち着いて慎重に行なってください。

  6. 「661.tts」ファイルを右クリックする。
    【重要】必ず、.ttsファイルを選択してください。
    .aif ファイルを選択してはいけません。
  7. [プロパティ]をクリックする。
  8. 「全般」タブで[変更(C)...]をクリックする。
  9. Windowsのダイアログが出て、「このファイルを開けません云々」と書かれているはずです。その下の方に「動作を選択してください」があります。
    2つの選択肢の内[一覧からプログラムを選択する(S)]にマークをつけてください。マークをつけたら、[OK]をクリックします。
    「ファイルを開くプログラムの選択」が開くはずです。
  10. [参照(B)...]をクリックします。
    「プログラムから開く...」ダイアログが開くはずです。
  11. 「SMoviePlayer.exe」のあるディレクトリを開き、「SMoviePlayer.exe」を1回だけクリックします。
    すると「SMoviePlayer.exe」が反転して、なおかつ、画面下の「ファイル名」に「SMoviePlayer.exe」が自動的に入力されると思います。
    入力されたのを確認の後、[開く]をクリックします。
    以上です。
 確認のため、CD-ROM「On_jiten」の先ほどのディレクトリを見てください。 今度は、tts形式ファイルのアイコンが、サイコロの下に革ベルトのようなものが付いているデザインに変わっていると思います。

前のページにもどる