space
PRESS RELEASE
2020年6月18日
株式会社ボイジャー
PDF版

ボイジャーが運営する電子図書館『青空 in Browsers』、
訪問数が前年比2.25倍を記録!


 株式会社ボイジャー(東京都渋谷区、代表取締役社長:鎌田 純子、以下ボイジャー)が運営する『青空 in Browsers』は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛などの要因から、訪問数が昨年(3月〜5月)の76,048から、今年は同時期で171,518と前年の2.25倍に急増しています。

『青空 in Browsers』訪問数(セッション数)2020年3月〜5月を比較、4月7日の緊急事態宣言発令後の急増の様子

▲『青空 in Browsers』訪問数(セッション数)
4月7日の緊急事態宣言後、訪問者が急増していることが分かる


 『青空 in Browsers』(https://aozora.binb.jp/)は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品を公開している、インターネットの電子図書館「青空文庫」(https://www.aozora.gr.jp/)の作品を、弊社が提供する電子書籍リーダー「BinB(ビーインビー)」を使って、ブラウザで読むことができるサイトです。縦書き表示できるほか、文字サイズ変更や視覚障がい者の方向けの音声読み上げ機能を備えるなど、アクセシビリティにも対応しています。
この『青空 in Browsers』は青空文庫の図書カードからも直接アクセスすることができます。


ステップ1 青空 in Browsersにアクセスして本を開く
ステップ2 メニューから 音声読み上げ の項目をタップ
ステップ3 SPEAKボタン  ▶  をタップ
ステップ4 読み上げ スタート!

▲作品表示例 青空 in Browsersに収録『あのときの王子くん』大久保ゆう訳 (原作者:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ)
『あのときの王子くん』はこちら…http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=46817


 音声読み上げ機能のほか、コミックや雑誌配信を超高速に動作させるスピードリーダーや広告表示ができる機能を備えた電子書籍リーダー「BinB」は、特定のフォーマットや端末に縛られず、専用のアプリも必要としない読書環境を実現しており、2011年の市場導入以降、大手販売・配信会社を含む多くの電子書籍サービスで活用されています。

 今後もボイジャーは、快適な読書環境を多くの方々に向けて提供していくと共に、各クライアント企業の事業成長に貢献してまいります。


■青空 in Browsers
ボイジャーが運営する電子図書館。
電子書籍リーダーには弊社のBinB(ビーインビー)を利用しており、スマートフォン・タブレット・パソコン、どこからでも好きな時にブラウザで本を読むことができます。
https://aozora.binb.jp/

■BinB(ビーインビー)について
「BinB」はマルチデバイスに対応したブラウザベースの電子書籍リーダーです。 EPUB 3、PDF、JPEG等のコンテンツをウェブサイト上で高速・快適に閲覧できます。 独自DRM実装により、コンテンツの無料公開から、有料販売、サブスクリプションサービス、広告収益化等、幅広いビジネスでご利用いただけます。 BookLive!、コミックシーモア等の電子書籍ストアを始め、電子図書館サービスTRC-DL、集英社・講談社サイト等、様々なサイトで月間1500万人以上の方々にご利用いただいています。

■BinB(ビーインビー)製品サイト
https://www.voyager.co.jp/products/binb/