PRESS RELEASE
2017.09.08
株式会社ボイジャー
PDF版

9月29日新刊 作家の資質、名作の条件を知る1冊

『S-Fマガジン』の元編集長/今岡清著『それでは小説にならない』


 株式会社ボイジャー(本社:東京都渋谷区神宮前、代表取締役:鎌田純子、以下ボイジャー)は、『S-Fマガジン』元編集長の今岡清氏が、インディーズ作家のために作家の資質や名作の条件をコンパクトに解説した『それでは小説にならない ─元編集長が語る創作の作法─』を9月29日より電子/紙、同時出版いたします。

 本書は、2017年3月5日、NPO法人日本独立作家同盟(理事長:鷹野凌 http://www.aiajp.org)が主催した今岡清による講演「『S-Fマガジン』元編集長から、作家を目指す人へのアドバイス」ならびに4月13日に行ったインタビューをまとめたものです。

□作家の資質や名作の条件をコンパクトに解説

 今岡清氏は『S-Fマガジン』(早川書房)の元編集長で、星新一、小松左京、筒井康隆らの作品を手掛け、また神林長平、大原まり子らを新人のころから育てています。作家の栗本薫を妻とし、途方もない量の執筆活動を支えてきました。現在、栗本薫(別名中島梓)の未刊行作品のデジタル出版を行なっているほか、還暦をすぎてなお評論家、ジャズシンガーとして活動しています。

 今岡氏は講演に集まったインディーズ作家の面々に対して、30年現場をはなれていましたが、とことわりをいれた上で、小説を書くために必要なプロットの作り方、ストーリーの使い方、技術のトレーニング方法などを、自らの編集経験に基づき具体的かつコンパクトに紹介しました。

講演中の今岡清氏。本書には講演当日の質疑応答も収録している。

□編集者の視点でとらえたデジタル出版のデメリット

 また今岡氏は自身のデジタル出版の経験から、そのメリットを認めつつも、デメリットについても意見を述べました。例えば、セルフパブリッシングサービスではどんぐりの背比べで終わりやすいこと。絶版がないためにすぐれた新作が膨大な見どころのない既刊作品に埋もれやすいことなどです。

 そして今岡氏は、小技にとらわれず、同レベルの作家同士の競争から抜け出し、「ひとたび小説を書こうと思ったのなら目標は高く持ってほしい」と語っています。

 これはデジタル出版についてまわるデメリットを作家と編集者双方の視点で率直に捉えています。その点で本書はこれからデジタル出版をやろうというインディーズ作家はもちろん、デジタル出版サービス事業者にとっても参考になる一冊となりました。

□ロングインタビューを収録

 同盟の講演後、兼業SF作家の波野發作(なみの・はっさく)氏によるロングインタビューをおこないました。今岡氏は、学生時代の読書嗜好、早川書房時代の国内外の作家とのやりとり、セルフパブリッシングなどについて話しました。いずれも興味深い内容ですが、特に若き日の神林長平、大原まり子、半村良、高千穂遥ほかの作家たちの話は創作現場に立ち会った編集者でなければ知りえない内容となっています。

●波野發作氏について

波野發作公式サイト『NAMINO_WORKS』
http://naminow.com

■作品情報

書 名:『それでは小説にならない ─元編集長が語る創作の作法─』

著 者:今岡清

発行元:株式会社ボイジャー

価 格:
印刷版 本体900円+税(A5判66頁・横書)
電子版 本体720円+税

発売日:2017年9月29日

取扱店:
印刷版 ボイジャーBinB store(http://binb-store.com
*9月8日よりボイジャーBinB storeにて先行予約を開始しています。以下の作品詳細ページより、お申込みください。
作品詳細ページ:http://bit.ly/domei09

電子版 ボイジャーBinB store、Kindleストア、iBooks Store、楽天Kobo、BookLive!、紀伊國屋書店ウェブストア、honto、eBookJapan 他
*9月8日より各ストアにて順次先行予約を開始しています。

■著者プロフィール

今岡 清(いまおか・きよし)
1948年横浜市生まれ。『S-Fマガジン』(早川書房)の元編集長。編集者として星新一、小松左京、筒井康隆らの作家の作品を手掛け、また神林長平、大原まり子らの新人を育てる。作家の栗本薫は妻。栗本薫の遺作『グイン・サーガ』の続編プロジェクト監修者。天狼プロダクション代表取締役。ジャズシンガー。
天狼プロダクション: http://tenro.music.coocan.jp

□NPO法人日本独立作家同盟講演録、第9弾。既刊はKindle 出版/自費出版ジャンルで1位を記録!

 本書は、セルフパブリッシングから4年で日本SF大賞を手にした作家、藤井太洋氏の実践的な創作ノウハウを知る『電子出版、独立作家の執筆・出版手法』からはじまった、NPO法人日本独立作家同盟講演録シリーズの第9弾です。

 既刊『文章生活20年。現役ライターが初めて教える文章のコツ講座〈古田靖 講演録〉』『日本の作家よ、世界に羽ばたけ!〈大原ケイ 講演録〉』『凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ〈佐渡島庸平 鈴木みそ まつもとあつし 講演録 〉』『サルベージ出版に挑戦〈持田泰 仲俣暁生 大場利康 講演録〉』『インディーズの護身術〈鷹野凌 講演録〉』『ライター志望者が知っておくべきおカネのはなし〈古田靖 講演録〉』