ボイジャー、「国際」電子出版EXPO2011に出展

果てなき航路

来る7月7日(木)~7月10日(日)東京ビッグサイトにて開催される“東京国際ブックフェア2011”。
今回ボイジャーは9日(土)までの日程で、[国際]電子出版EXPO2011(小間番号8-2)への出展を行います。
株式会社セルシスとの合同ブースです。

会期 2011年7月7日(木)〜9日(土)3日間(10時~18時)
会場 東京ビッグサイト 西1・2ホール No 8-2
費用 1200円
主催 リードエグジビジョンジャパン(株)
本ページでは、本イベントの詳細、日程について随時更新いたします!ブックフェアへお越しの際は、ぜひ、ボイジャーブースへお立寄りください!
ボイジャーイベント情報
eBooks専門セミナー(有料)7/7(木) 16:00~18:00[展示会場 付帯会議室]
EB-2 ふりかえる過去と、ひきつがれる未来
電子本をバカにするなかれ ~この20年間の実験的作品を一挙公開!~
ボイジャー代表取締役 萩野正昭/本の未来研究所代表 Robert Stein 氏
今ある世界はずっと昔に確立されていた。20年前、それは過度な期待と思い込みの中で、
ことごとく市場に根付きはしなかった。それでも生き残った数々の名作、力作。
日米二人の男が実例を示しながら語る、夢のまた夢…その先にある新たなる世界。
ボイジャー代表取締役 萩野正昭/本の未来研究所代表 Robert Stein 氏

*お申し込みは東京国際ブックフェア専門セミナー事務局まで
http://www.bookfair.jp/Conference/seminar-event/seminar-event02/EB-2/

無料公開セミナー 7/9(土) 14:30~15:30[出展社による無料公開セミナー会場]
電子出版 ~知らないなんて手遅れだ~
ボイジャー代表取締役 萩野正昭 × 開発部 小池利明
ネットワーク時代の出版を再発見しよう。読書はオン・スクリーンにシストする。
電子出版は世界の共通性を手にし、ますます普遍的な出版活動の道を切り開く。EPUB3はそれを担うのか? 日本語表現はどう世界の共通性と調和していけばいいのか。様々な憶測と期待の渦巻く中で、冷静に実情を通して電子出版と日本語表現を考えてみよう。
EPUB3/.book/PDFをも読み込む、ボイジャーの “Books in Browsers” ——ブラウザベースの新・読書ビューアシステムを具体的にご覧いただきます。
ボイジャー代表取締役 萩野正昭

*当日先着受付順

ブース内イベント(抜粋) [ブース No.8-2(株式会社ボイジャー・株式会社セルシス 合同ブース]

7/7(木)12:00~12:50

電子出版・成功の法則
沢辺 均 氏(ポット出版代表取締役)
× 鎌田 純子(ボイジャー取締役)
沢辺 均 氏(ポット出版代表取締役)

7/8(金)12:30~13:20

iPadがつくる未来
大谷 和利 氏(テクノロジージャーナリスト/
『iPadがつくる未来』著者)
沢大谷 和利 氏(テクノロジージャーナリスト/『iPodをつくった男』著者)

7/8(金)15:00~15:50

果てなき航路 ー日米デジタル奮戦記
Robert Stein 氏(本の未来研究所代表)
× 萩野 正昭(ボイジャー代表取締役)
Robert Stein 氏(本の未来研究所代表)

7/8(金)16:30~17:20

売れる電子書籍の条件
宮田 和樹 氏(実業之日本社)
× 高橋 薫 氏(早川書房)

7/9(土)11:30~12:20

視覚障がい者とインターネット
松井 進 氏(BRC(バリアフリー資料リソースセンター)副理事長)
松井 進 氏(BRC(バリアフリー資料リソースセンター)副理事長)

7/9(土)13:00~13:50

マガジン航 対談 ー電子出版実践ウラオモテ
小泉 真由子 氏(『クラウドおかあさん』著者)
× 古田 アダム 有 氏(「マガジン航」執筆者)
× 仲俣 暁生(「マガジン航」編集長)

7/9(土)16:30~17:20

青空文庫 800人のボランティアと
一万冊の電子書籍
富田 倫生 氏(青空文庫)
富田 倫生 氏(青空文庫)

*社名ならびに商品名は、各社の商標および登録商標です

過去のボイジャーブースの様子はこちらから 2009年 2010年