東京国際ブックフェア2008



クゥの映画缶

ボイジャー、東京国際ブックフェア2008出展

ボイジャーは今年も東京国際ブックフェア2008(デジタルパブリッシングフェア)に出展いたします。


東京国際
ブックフェア
速報!



ボイジャー
スピーチの予定は
こちら
原監督来る! 浜野保樹教授(東大)との対談も 
  • 7月10日(木)
    『河童のクゥと夏休み』の原 恵一監督がボイジャーブース(7-36)のステージで 監督についての著書もある浜野教授との生対談を行います。どうぞお聞き逃しなく!

発売翌日、iPhoneを徹底紹介!(ゲスト:大谷和利)
※日程変更のお知らせ:7/11(金)と告知しておりましたが、日程が7/12(土)のみになりました。
  • 7月12日(土) 〈1〉11:30〜12:30 〈2〉15:30〜16:00
    7月11日(金)に日本でも発売開始、話題の携帯電話 iPhone。携帯に革命をもたらした端末での読書体験とは? 『iPodをつくった男』(アスキー)の著者、大谷和利氏をゲストに迎えてiPhoneを徹底紹介!皆さま、ぜひ足をお運びください。

東京国際ブックフェア2008
会期:
2008年7月10日(木)〜13日(日)
一般入場日は12日(土)、13日(日)の二日間
開場時間:
10:00〜18:00
会場:
東京ビッグサイト  西展示場(東京国際展示場)
  デジタルパブリッシングフェア
ブースNo.
7−36 

■□■□ 公開セミナーも行います!ぜひお越しください □■□■

下記のスケジュールで専門セミナー及び無料公開セミナーを予定しております。
 
※専門セミナーは有料です。

会場:
東京ビッグサイト会議棟
日時:
7月11日(金) 10:00 〜 11:00
タイトル:
PCが書店・モバイルが本—あらゆる液晶は本になる時代
講演内容:
携帯電話が電子書籍の時代を作ってきた。携帯のワイド対応、DS/Wiiゲーム機の「本」指向、Wi-Fiでの読書iPod、アマゾンKindleの衝撃、今やあらゆるデバイスが本を読む最適環境を手に入れた。翻弄されずに時代の波を乗り越えるために心掛けたいことがある。ひとは電子で本を読む。この動きは止められない。
発表者:
株式会社ボイジャー 代表取締役 萩野 正昭

 携帯電話やPCでのコミック、文字もの配信を検討されていらっしゃる出版社の方、また自費出版や出版インディーズをお考えの方、弊社のブースで具体的な可能性を確かめてみてください。電子本やオンデマンド本の制作や出版方法、販売コストの仕組みを弊社が明確化し、お手伝いをさせて頂きます。


無料公開セミナー
7月11日(金) 11:00 〜 12:00
会場:
無料公開セミナー会場(デジタルパブリッシングコーナー内
タイトル:
人は電子で本を読む 時代は着実にやってくる
講演内容:
あらゆるデバイスは本になる。あなたの準備は万全か?
ドットブックは支援します。
発表者:
株式会社ボイジャー
7月13日(日) 12:45 〜 13:45
タイトル:
ひとりでも出版したい、でもどうしたらいいのか?
講演内容:
本が完成するまでの—ホップ! 読んでもらうための—ステップ! 買ってもらう営業—ジャンプ!
発表者:
元・電通マン/大学講師(独協大学、東京女子大学、武蔵大学) 斉藤善久


 

*社名ならびに商品名は、各社の商標および登録商標です。