【報道資料】  1998年5月13日


エキスパンドブックのボイジャーが提案する

『T-Time』
インターネット<タテ書き>読書術
軽快にデジタルテキストを読むツール

インターネット、電子メール・・・氾濫するデジタルテキストに対処!

『T-Time』情報ホームページ公開開始
homepage: http://www.voyager.co.jp/T-Time/


電子出版を推進しているボイジャーは、1998年6月21日より、軽快にデジタルテキストを読むためのツールソフト『T-Time』(『ティータイム』、3,500円/税別、Windows & Macintosh 対応)を発売いたします。

『T-Time』は、プレーンテキスト、HTMLなどのテキストデータに対してお手軽に迅速に好みの文字面を設定。モニタの上でそのまま紙の上みたいにスイスイ快適に読むためのテキストビュワーです。基本はスクロールなしのページ割り表示。ページサイズは変形自由で制限無し。段組や縦/横組変換も一瞬です。インライングラフィックス、検索、自動栞、マルチビュー他機能多数。

『T-Time』を使えばワープロ原稿やBBSのログも驚くほど読みやすくなります。インターネット上の新聞社説、論文、小説、白書などのページを読むのにも最適です。

「T-Time」の画面キャプチャー

 

文字のサイズ、縦/横切り替え、段組みも自由自在。背景や表示ウィンドウサイズもお好みで設定できる。
雑誌掲載用/オリジナルサイズの画像(JPEG圧縮)はこちらをクリックしてください

●HiFiテキストリーダー『T-Time』
音にHiFiがあるように、文字にもHiFiがあるべきです。
インターネットや電子メールの普及により、デジタルなテキストをパソコン上(オン・スクリーン)で読む機会は飛躍的に増えています。一見ペーパーレス時代到来のように思えますが、現実はオン・スクリーンで読みにくいあまり、ほとんどのユーザーが当然のこととしてプリントアウトをしています。
オン・スクリーンでは読みにくい。まとまった分量のテキストをきちんと読むためにはプリントするしかない。半ば諦めの境地でユーザーは紙と時間を毎日毎日浪費しているのが現状です。
ボイジャーは、デジタルテキストを一切オン・スクリーンで読む環境を提案します。それが軽快にデジタルテキストを読むツール、『T-Time』です。

●解き放たれた、「電子の紙」
紙の本であれば、あらかじめデザインされ、固定されたレイアウトで文字面(もじづら)が提供されます。本づくりの専門家による読みやすい文字面が読者に届けられるわけです。しかし、デジタル時代の今日、私たちに届けられる文字情報は多岐大量になっており、いちいち専門家によるレイアウトなど待っているわけにはいきません。
『T-Time』は、テキストあるいはHTMLデータを一瞬のうちに、ページごとに割り付けられた自分の本にしつらえる機能をもっています。
ユーザーは『T-Time』上で、自分自身の好みにあった文字面を自由に設定することができます。
縦書き・横書きはもちろん、文字の大きさ書体行間表示ウィンドウの大きさなど、自分にとって最も快適な状態に整え、その上でテキストを読むことができます。
文字が読みにくければ虫眼鏡で拡大するようにいくらでも拡大表示することができます。
段組みにも対応しています。マルチウィンドウにより、メモリの許す限りいくつでもファイルを開くことができます。
ユーザーはドラッグやクリックといった簡単なマウス操作だけで、一瞬にしてレイアウトを変更することができます。
そして何よりも、高品位なグレースケールフォントによる文字表示の美しさが快適な読書環境を保証します。
デジタル時代を生きる現代人にとって、『T-ime』は制約から解き放たれたまったく新しい「電子の紙」と言えます。

●『エキスパンドブック』のノウハウを集約
『T-Time』は、『エキスパンドブック』のノウハウを快適に「読む」ことに集約しています。
『エキスパンドブック』と同じく、本のように自然な視線でページをめくりながらテキストを読み進められるようになっています。文字表示はアンチエイリアスの高品位なグレースケールフォントで読みやすく、決してスクロールせず、ページ割りをした表示を保ちます。

●HTML形式を自動解釈 Webのデータを利用した電子出版に威力!
『T-Time』は、インターネットで使用されているHTML形式のデータを自動的に解釈し、表示することもできます。
『T-Time』は、HTMLのイメージ(IMG)、リンク(A href)、見出し(H)などのタグを自動的に解釈し表示しますので、HTML形式のデータと組み合わせることにより簡便な電子出版なメソッドとすることができます。
インターネットは電子新聞を始め、企業の情報、あるいは電子図書館など、デジタルテキストの宝庫です。しかし現状webブラウザで長文の文字情報を読むのは困難でしょう。本格的な小説をweb上で「読める」でしょうか。
しかし、インターネットは情報の流通システムとしてますます大きな力を発揮するでしょうし、その情報が文字とより密接に関わり、増大していくことも明らかです。これに対処する方法をどう考えればいいでしょうか?
『T-Time』は難なくこの問題を解決しています。『T-Time』を使えばweb上に展開される文字情報はあなたが編集した一冊の電子本となり、あなたの報告書ともなってしてしまうのです。

●簡易編集機能がアクティブな読書を可能にする
『T-Time』には簡単な編集機能がついています。複雑な構文や語句を編集したり、改行を入れたり、あるいは改行を削ったり、テキストを読みこなすための新しいアクティブな読書方法を提供します。
語句検索やテキストへのマーキング機能も備わっており、『T-Time』はパソコンを読者の側からテキストのメディアに変革するための、読者のための支援ツールです。

●MacEXPO版ユーザーは、無償バージョンアップサービスを実施
98年2月に開催されたマックワールドエキスポ東京で、『T-Time』(Mac版)の限定先行販売を行いました。今回の製品に含まれるMac版は、先行販売のものに若干の仕様変更、バグフィックスが施されたものになります。先行販売版の登録ユーザーには、Hybrid版発売時に小社より無償でCD-ROMを送付します。


『T-Time』商品情報


■ 標準小売価格(予定): 3,500円(税別)

■ 商品構成及び動作環境
   CD-ROM (Windows & Macintosh ハイブリッド)1枚

●Windows 動作環境

●Macintosh 動作環境

 ★本ソフトにはQuickTime ver.3.0が付属しています。

■ コピーライト表記:
(c) 1998 Voyager Japan, Inc.

■ 参考情報

・エキスパンドブックについて
などの参考情報はこちらをクリックしてください。

■ 宣材ご希望の方は小社担当までご連絡ください。

担当:鎌田
e-mail: info@voyager.co.jp
tel.03-5467-7070 fax.03-5467-7080
 等ご用意しております。


お問い合わせは:


ボイジャーホームページへ