ボイジャートップページへ


ソフトウェア利用許諾

本ソフトウェアは、株式会社ボイジャー(以下「ボイジャー」といいます)が著作権等の知的財産権その他一切の権利を保有しています。この利用許諾契約は、本ソフトウェアに関して利用者とボイジャーとの間で締結される契約です。ボイジャーは、本ソフトウェアをインストールしたことをもって、利用者が本契約のすべての条項を承諾したものとみなします。

1. 利用許諾
利用者は次の範囲内で本ソフトウェアを無償でご利用頂くことができます。
(1) 本ソフトウェアを、利用者の所有するパーソナルコンピュータの本体または外部記憶装置(以下「対象器機」といいます)にインストールして私的使用(著作権法第30条に定めるものをいう)の範囲で利用すること。

2. 禁止事項
利用者は次の各号に定める利用をすることはできません。
(1) 逆アセンブル、リバース・エンジニアリング、又はその他の方法で本ソフトウェアを解析すること。
(2) 本ソフトウェアを第三者に配布すること。
(3) 本ソフトウェアをインターネットメールまたは記録媒体複製により頒布・販売すること。
(4) World Wide Web、FTP、LAN等により、本ソフトウェアを特定、不特定に関わらず第三者にネットワーク配信すること。
(5) 本ソフトウェアを改変、修正その他変更するなど、本ソフトウェアに関する著作権その他の知的財産権を侵害すること。

3. 不保証および免責
(1) ボイジャーは、明示または黙示を問わず、本ソフトウェアの完全性、正確性、有用性、特定目的への適合性、第三者の権利非侵害、その他一切の保証を行いません。
(2) ボイジャーは、利用者に対し、本ソフトウェアに関する技術サポートその他何らのサポートも提供する義務を負いません。
(3) 利用者による本ソフトウェアのインストール、利用、利用不能および第三者への配布等から生じる一切の損害(使用機器およびプログラム設定の破損、逸失利益、事業の中断、情報の喪失またはその他の金銭的損失を含みますが、これらに限定されません。)に関して、ボイジャーは一切責任を負いません。

4. 終了
(1) 利用者は、本ソフトウェアの利用終了を希望する場合、本ソフトウェアを対象器機から消去し、本契約を終了することができます。
(2) 利用者が本契約の規定の何れかに違反したときは、ボイジャーは、直ちに本契約を終了することができるものとします。この場合、利用者は、直ちに本ソフトウェアを対象器機から消去しなければなりません。

5.その他
(1) 本契約は、日本国法に準拠するものとします。
(2) 本契約に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
以上

 

Copyright (C) Voyager Japan, Inc. All rights reserved.