【重要】2014年8月28日に実施されたWindows Updateを適用後、T-Time(ティータイム)が起動しなくなる
2014/10/10 現在

Windows Updateによる問題を解決したT-Timeを公開しましたので、インストールの方法をお伝えいたします。一時的な回避策、問題の詳細をお伝えいたします。

■問題を解決したT-Timeのインストール方法

2014年10月10日に公開したT-Time(5.5.8.1)を以下の手順にそってPCにインストールしてください。

手順:
(1)古いT-Timeのアンインストールを行う。
  1. コントロールパネルを開き、[プログラム]→[プログラムのアンインストール]を選択。
  2. リストの中からT-Timeを選択し、アンインストールを実行。
(2)新しいT-Timeのインストールを行う。
  1. 以下のWEBページにアクセスし、T-Time(5.5.8.1)のインストーラーファイルを入手する。
    http://www.voyager.co.jp/T-Time/update/index_pc_win.html
  2. T-Timeのインストーラーファイルをダブルクリックする。
  3. ウィンドウが開くので、指示にしたがってインストールを行う。
○2014年8月13日に実施されたWindows Updateを適用後、T-Time(ティータイム)が起動しなくなる問題(本件同様問題を解決したT-Timeを公開)については、以下のページをご確認ください。
http://www.voyager.co.jp/FAQ/winup140813.html


2014年8月28日にMicrosoft社よりリリースされたWindows7、Windows8用の[セキュリティ更新プログラム 2993651]を適用後、T-Time(ティータイム)が起動しなくなる現象が発生いたしました。

一時的な回避策、問題の詳細をお伝えいたします。

■一時的な回避策(Windows Update後、T-Timeが起動できない場合)

本件の一時的な回避策としましては、Windows起動後の初回1回目のみ、正常にT-Time(ティータイム)が起動しますので、その状態でウインドウを閉じずにコンテンツのドラッグアンドドロップで対処していただくことが考えられます。
ウインドウを閉じてしまった場合は、Windowsを再起動してください。

※これらの手順は8月18日にお知らせした、Windows Updateを適用後にT-Time(ティータイム)が起動しなくなる現象の回避方法と同じものになります。

Windows Update適用後、T-Time(ティータイム)が起動しないお客様におかれましては、上記の回避策をお試しいただきますようお願い申し上げます。
現在、弊社にて解決法を調べておりますので、恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただきたく存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。


VOYAGER TOPページへ