2016.09.23 Fri - 09.25 Sun

開催情報

日時 2016年
9月23日(金) ~ 9月25日(日)
会場 東京ビッグサイト
西展示棟 西2ホール1F
小間
番号
1 - 42
会場地図はこちら
入場料 ¥1,200
(招待券プレゼントは終了しました)

ボイジャーイメージビデオ

第23回東京国際ブックフェア

これからの本の話をしよう

これからの本の話をしよう——考えるほどにデジタルぬきの未来は語れない。作家活動を支える紙の時代は終わっていくだろう。デジタル化する自由を作家は必ず確保していくだろう。次世代の出版パートナーが必要となる日がそこにきている。

VOYAGERは、先駆けてデジタルの出版者であることを宣言します。デジタルから出発する作家を技術と情熱をもって支援します。デジタルで何ができるのか? どんな動きがはじまっているか? これを知らせるのは、今です! どうぞボイジャー特設ステージへおいでください。

ブースイメージ ブースイメージ

ステージプログラム

※講演内容、登壇者は変更の可能性があります。

9月23日(金)
10:30
|
11:00
こんにちはデジタル
出版パワーは180°Webにシフトする
VOYAGER代表
鎌田純子
11:15
|
12:15
本を動かせ!
動画広告で秘めた魅力を手軽にアピール
VOYAGER
小林尚道
12:45
|
13:45
電子書籍の老舗「コミックシーモア」の
書店運営を大公開!?
NTTソルマーレ
加藤公隆
14:15
|
15:15
「秋マン!!」って、ご存知ですか?
集英社
岡本正史
15:45
|
16:45
マンガ作家としてデジタルを真剣に考えた
漫画家
佐藤秀峰
9月24日(土)
10:30
|
11:00
お手本を見て、まねするだけ
Romancer入門講座
VOYAGER
木村智也
RomancerはWordファイルを変換してあっという間に電子本にしてくれるWebサービス。 でも単に変換しただけでは、ただ字が並んでいるにすぎません。どうすればきれいな本になるのでしょうか? 今回は『ロマンサー入門ガイド』を使って、電子本に最適なWord原稿の作り方をお見せします。Wordでビシッとデジタル出版しましょう!
小冊子版『ロマンサー入門ガイド』ももらえます! 皆さんのお手元に是非どうぞ!
11:15
|
12:15
絵があるだけで行く道が照らされる
イラストレーターともっと手を組もうよ
イラストレーター
ヘロシナキャメラ
12:45
|
13:45
菊とキティーちゃん
刀を捨てた「かわいい」日本が素晴らしい
株式会社アルトジャパン
マット・アルト
特別出演 マンガ多言語対応――『蝶のみちゆき』リイド社 佃 純次
14:15
|
15:15
世界への挑戦
デジタル発――日本SF大賞作家は語る
作家
藤井太洋
15:45
|
16:45
私ゃデジタルかじり虫
ボイジャーのイメージビデオをつくりました
スーパークリエーター
うるま (うるまでるび)
ボイジャーイメージビデオ公開中です! こちらからどうぞ
9月25日(日)
10:30
|
11:10
Romancer Webと出版はひとつ
デジタル出版はみんなのもの
VOYAGER
萩野正昭 / 小池利明
11:15
|
12:15
誰でも いつでも どこからでも
デジタル出版のさまざまな事例を紹介します
VOYAGER
Romancer作家のみなさん
12:45
|
13:45
欣喜雀躍 ドラえもん デジタル
台湾でこんなに元気!
台湾・青文出版総経理
黃詠雪
14:15
|
15:15
デジタルだから故郷を発信できる
小豆島の若者たち
15:45
|
16:45
これからの本の話をしよう
好きなことをやる、上を向いて歩こう、ヤ
VOYAGER
鎌田純子 / Bob Stein / 萩野正昭

登壇者一覧

※登壇者は変更の可能性があります。

ヘロシナキャメラ

今、注目の若手イラストレイター。思わず二度見してしまうユーモアたっぷりのイラストレーションと、たくみな言葉センスで織りなされる作品の数々。限りなくリアルに近いファンタジーな世界があなたをクスッと笑顔にさせます。ボイジャーのデジタル出版ツールRomancerでもヘロシワールド全開です。

加藤公隆 (かとう・きみたか)

NTTソルマーレ株式会社取締役/電子書籍事業部長。1997年NTT入社。2002年NTTソルマーレの立上げに従事。2007年にMBA留学。主力サービス「コミックシーモア」のケータイからスマホへの移行を主導し、電子書籍業界をリードする企業へと成長させる。2016年7月より取締役に就任。お客様への感謝を忘れず新しい価値を追求しつづける。

岡本正史 (おかもと・まさし)

株式会社集英社デジタル事業部課長代理。東京芸術大学美術学部卒業後、株式会社集英社入社。女性誌〜女性誌ポータルサイトを経て、マンガ制作のデジタル化に参加。集英社刊行の主要コミックスをアーカイヴしデータベース運用する「Comics Digital Archives」を企画・実現。『少年ジャンプ』等マンガ誌の制作環境のデジタル化を行う。デジタル事業部に異動後、ボイジャーのブラウザリーダーBinBを用い、紙とデジタルのコミックスの試し読みを行うManga Broadcast Systemを企画・実現。

佐藤秀峰 (さとう・しゅうほう)

1973年北海道帯広市生まれ。代表作「海猿」、「ブラックジャックによろしく」「特攻の島」。2010年 漫画家による初の電子書籍販売サイト「漫画onWeb」を立ち上げる。著作「ブラックジャックによろしく」の二次利用フリー化など、ネット時代における作品の二次利用、著作権の問題に積極的に取り組む。2015年 Web雑誌「マンガ on ウェブ」創刊。作家のための電子書籍取次サービス「電書バト」を展開中。

うるま (うるまでるび)

おしりかじり虫の作者として知られる2人組アーティストユニットのひとり。近年は絵本「白オバケ黒オバケのみつけて絵本」が10万部超えの大ヒット中で、台湾、韓国で出版されたほか、そのキャラクターがオランダでスクールバスのアイコンに採用されるなど、世界に広がりを見せている。映像制作、楽曲制作、アプリ制作などの多彩な活動も、たったひとつの目標である「作品によって世界の子供とそのファミリーを笑顔にする」のためである。

藤井太洋 (ふじい・たいよう)

1971年生まれ。2012年、『Gene Mapper』をデジタル出版して作家デビュー。同年のKindle年間ランキング小説・文芸部門で1位を獲得するなど大きな話題となった。2014年には『オービタル・クラウド』を発表し、第35回日本SF大賞を受賞。セルフパブリッシングでデビューに成功した作家の第一人者。

マット・アルト (Matt Alt)

株式会社アルトジャパン取締役副社長。日本のサブカルチャーに魅せられてアメリカ合衆国特許商標庁から転身して起業。『ドラえもん』の電子化では現地文化のマッチングに腕を振るう。日本独特の文化を紹介する本も多数執筆。最新著書は絵文字の歴史と今を解説する『世界のEMOJIへ: 絵文字の成り立ちとグローバルな展開』。

黃詠雪 (ホァン・ヨンシュエ)

台湾国立成功大学AMBA経営管理修士。青文出版グループ代表。『ドラえもん』繁体字版は大ヒット作。就任以来青文を台湾の女性ファッション誌トップブランドに。中華漫画アニメ同業共進会、台北市雑誌商業同業組合の理事も務める。2014年に台湾TOP100MVP経理人大賞を受賞。

若ものが発信する故郷のいま——その船にのって

小豆島に住む若者たちが集まり、いままで語られることがなかった等身大の小豆島の日常を、デジタルで発信。オンラインマガジン「その船にのって」。これまで取り上げられることのなかった地方発の情報活動を行っている。題字は今やこの島の住人となった、平野甲賀作。

2016年版 パンフレット
『これからの本の話をしよう』
【内 容】
電子出版、本気の時代
鎌田純子 (ボイジャー 代表取締役)
菊とキティーちゃん
――「かわいい」の力を日本は使いこなせるか
マットアルト (株式会社アルトジャパン 取締役副社長)
世界への挑戦
藤井太洋 (作家)
小豆島発の雑誌「その船にのって」ができるまで
平野公子 (メディア・プロデューサ)
ひとりの物書きの存在
片岡義男 (作家)

販売コーナー

イラストはヘロシナキャメラさん!
「GO!」Tシャツ
※イメージ画像
ブース内だけの特別価格です!
ボイジャー出版の本
講演と合わせてどうぞ!
ステージ登壇者の本・グッズ
  • 白オバケ黒オバケのみつけて絵本シリーズ うるまでるび
  • 『オービタル・クラウド』上・下 藤井太洋
  • 『Yokai Attack!外国人のための妖怪サバイバルガイド』 マット・アルト
  • ヘロシナキャメラ特製グッズ
  • ...など

これまでの映像・パンフレット

講演映像 パンフレット