INFORMATION
PRESS RELEASE
  インフォページに移動  
photo by Fred Denman
これからの本の話をしよう
いつから本は使い捨て商品になったのだろうか
作家は黙ってそれに耐えるしかないのだろうか
嘆くしかなかった時代は、まもなく終わります
ボイジャーの提案する新しい本の形
書くことは知識や経験を読者に届けることです
本の危機を救うのは、作家自らの意思だけです
未来をつかむのは、立ち向かったものだけです
片岡義男 全著作電子化計画
作品を1冊単位で販売していく商売は、いまや一握りの大手出版社と作家だけにしか許されなくなりました。これから新しい出版の形を探らねばなりません。私たちはその試みとして、片岡義男さんと読者が直接コミュニケーションをし、出版活動を続けていくプロジェクト「片岡義男 全著作電子化計画」をはじめました。2015年7月スタート。

kataokayoshio.com


www.impala.jp

池澤夏樹 impala e-books
池澤夏樹さん自らがデジタル出版のために立ち上げたレーベルがimpala e-booksです。池澤さんはワープロ原稿で初めて芥川賞を受賞し、9・11をきっかけにメールマガジンを発行するなど、早くからデジタルをメディアとして利用してきました。絶版のないメディアで個人全集を目指します。2014年7月スタート。
私たちは何を語ってきたのか
ネット社会の到来によって出版は変わりました。読み方、作り方、売り方のすべてが昔とは違います。多くの人がどう対応すればいいのか、答えをさがしています。実践したものだけはその答えを語れるでしょう。どうぞお聞きください。

オンラインマガジン「その船にのって」

  プロジェクトページに移動  
photo by Fred Denman
作家のために、読者のために
本を出すことが厳しくなった、人々は本を読まなくなったとよく聞きます。だからといって、本を作ることをあきらめることはありません。本は小さなメディアです。簡単で便利な道具さえあれば誰でも作れるものなのです。

電子出版のためのWebサービス Romancer

ブラウザ型読書システム
BinB

  プロダクトページに移動  
photo by nervepinch
Bring Your Brain キャップ
photo by Fred Denman
FOLLOW US