「片岡義男 全著作電子化計画」200冊に向けて第2期スタート!『湾岸道路』10月25日発売

 

 株式会社ボイジャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鎌田 純子、以下:ボイジャー)は、2015年7月に作家・片岡義男の小説作品を計100冊電子化、発売いたしました。10月25日からは第2期として続く100作品を順次発売いたします。さらに、WEBサイト(kataokayoshio.com)を「片岡義男.com」としてリニューアルするのにあわせ、エッセイを無料で毎日配信する「片岡義男エッセイ365」をスタートいたします



■10月から”給料日は片岡義男”

  第1期に続く小説は、1984年に映画化された『湾岸道路』(東陽一監督・草刈正雄・樋口可南子主演 1981年刊)『メイン・テーマ』(森田芳光監督・薬師丸ひろ子主演、1983年刊~)をはじめとした80年代の100作品です。10月から100冊刊行に至るまで翌1月にかけて毎月一回発売、片岡義男の短編小説『給料日』にちなみ、毎月25日を予定しています。
 ボイジャー直販(BinBストア)をはじめ、アマゾン、紀伊国屋書店、楽天Koboなど多くの電子書店で販売されます。価格は1作品250円(税抜)の均一価格です。  
 10月15日から100冊刊行まで、第2期スタートを記念して『給料日』を「片岡義男.com」サイト上で無償公開するキャンペーンを行います。


■「片岡義男.com」としてリニューアル

 第2期ではWEBサイトを「片岡義男.com」としてリニューアルし、片岡義男の言語活動を集積する拠点のひとつとしてバージョンアップいたします。小説作品発表の場としてだけでなく、批評・エッセイ他、作家の最新情報も発信します。
 片岡義男の仕事は、複数の筆名による書籍化されていないものも含め膨大です。「片岡義男.com」は、サポーターやSNSによる読者の協力をへて、この全貌に迫る参加型のプロジェクトとしてすすめてまいります。

■毎日無料配信「片岡義男エッセイ365」スタート

 第2期からは、新たに片岡義男のエッセイ・批評に焦点をあて、WEBサイト「片岡義男.com」において過去に書かれたテキストから毎日一編を公開する【片岡義男エッセイ365】をはじめます。更新はTwitter(@kataoka_com)でお知らせしていきます。

「テディ片岡」名義の初期エッセイ、現在は絶版となっている忌野清志郎が愛読したと言われる『エルヴィスから始まった』(『ぼくはプレスリーが大好き』改題)、『日本語の外へ』で注目を集めた90年代から現在に至る日米論、成瀬巳喜男や小津安二郎などの日本映画の評論、そして様々な媒体に発表されてきたオートバイやサーフィン、コーヒーや文房具をめぐるエッセイから、いま読んでも面白い、今だからこそおもしろいエッセイを毎日配信いたします。

 日本語と英語の二つの「母国語」によって「敗戦後」の時間を生きてきた作家の思考にいま遭遇することは、どの世代にとっても思わぬ発見に満ちています。一編でもお読みいただければ、「いま、片岡義男はおもしろい」ことを確信していただけるでしょう(初日となる10月19日はWEBサイトにエッセイ9編を公開いたします)。

 ボイジャーは、ひとりの作家の過去からの現在にいたる言葉の記録に徹することで、電子化された出版だからこそ発見できる言葉の地平があると考えています。「片岡義男.com」は、半世紀にわたる旺盛な執筆活動を通じて、その身体を言葉に刻みつけてきた作家の総体をWEB上に新たに展開してゆく試みです。本プロジェクトのこれからに、ひきつづきご注目ください。


〈株式会社ボイジャーについて〉

株式会社ボイジャー 代表取締役 鎌田純子

ホームページ:http://www.voyager.co.jp/

1992年米国ボイジャーとの合弁で創業。エキスパンドブック、T-Time、dotBook、dotPressの開発元。2006年セルシスと共同で携帯電話向けBookSurfingソリューション(現・BSソリューション)の提供を開始。2007年コミック・雑誌等の配信ソリューションとしてWebブラウザ用プラグインT-Time Crochetを開発。2011年HTML5ベースのブラウザーでの閲覧システムBinB(Books in Browsers)を開発。本ソリューションは、講談社、集英社、幻冬舎、SBクリエイティブ、ヤフー、サイバーエージェント、BookLiveなどが採用している。また2010年からEPUB 3日本語ベーシック基準(日・英)を公開。EPUB日本語基準研究グループ(EPUBJP)を推進する。AMD(デジタルメディア協会)会員、またEPUB策定の国際団体IDPF(International Digital Publishing Forum)会員。

※ 商標について

T-Time、.BOOK/ドットブック、Crochet/クロッシェ、BinB、Romancerは、株式会社ボイジャーの登録商標です。会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。


〈報道関係お問い合わせ先〉

株式会社ボイジャー デジタルメディア事業部 岩浪カルナ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-14
電話: 03-5467-7070 / FAX: 03-5467-7080
Email:infomgr@voyager.co.jp

刊行予定リスト

1水玉模様と月の光り51雪が降るから
2俺のハートがNOと言う52一生に一度かしら
3and I Love Her53一等星の見える窓
4湾岸道路54きみはただ淋しいだけ
5ホワイト・アルバム55メイン・テーマ3
6私のような女56いつか聴いた歌
7Ten Years After57昔々、ある夏の日に
8Dm16小節58右の頬に触れる指さき
9D7のワルツ59誰もがいま淋しい
10マイ・ダーリン・ハンバーガー60花一輪
11九月の雨61ダブル ミント
12サマータイム・ブルー62シャツのボタンが段ちがい
13タイトル・バック63心のままに
14彼女が風に吹かれた場合64彼女が持つにふさわしい
15エンド・マークから始まる65彼を愛してなにを得たか
16ムーンライト・セレナーデ66ふたとおりの終点
17去年の夏に私たちがしたこと67忘れてあげない
18女は気だてと人は言う68胸に吸いこむ潮風
19ホテル・ルーム169オートバイに乗る人
20ホテル・ルーム270彼女から学んだこと
21巨大な月曜日71別れて以後の妻
22煙が目にしみる72ハートのなかのさまざまな場所
23ドライ・マティーニが口をきく73紅茶にお砂糖
24501 W28 L3474きみを忘れるための彼女
258フィートの週末75一日の仕事が終わる
26スイッチ・ヒッター76フラッシュ・バックを使うな
27駐車場での失神77彼らがまだ幸福だった頃
28心待ち78メドレーで六曲
29幸せは白いTシャツ79最愛のダーク・ブルー
30熟睡する女性の一例80無理をする楽しさ
31メイン・テーマ181あなたは男で私が女
32彼の右隣りが、私82ビールをくれ
33もうひとつラヴ・ソング83彼のオートバイ、彼女の島2
34私は彼女のモーニング・コーヒー84ろくでもない男
35こちらは雪だと彼女に伝えてくれ85私たち三人
36水瓜を射つ女86私の風がそこに吹く
37缶ビールのロマンス87傷心のつくりかた
38標的88なんという甘いこと
39粉雪のつらく降るわけ89いい気分だ
40エクストラ・ドライ90コーヒーが冷えていく
41どこかにあるはずの素敵な島91あおむけに大の字
42僕と寝よう92その物語を要約すると
43ふたり景色93微笑の育てかた
44メイン・テーマ294桔梗が咲いた
45ある日の真夜中95私は彼の私
46男友だち96ほぼ完璧な情事
47さようならの言いかた97鏡が必要です
48B面の最初の曲98秋時雨
49雨に唄えば99泣いた顔
50イヤリングをつけるとしたら100鎖骨の感触
※内容は予告なく変更する場合があります
 予めご了承ください