片岡義男 全著作電子化計画 スタート!

 

 株式会社ボイジャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鎌田 純子、以下:ボイジャー)は、作家・片岡義男の小説を年代順に、第一作『白い波の荒野へ(1974年)』から100作品をデジタル出版し、販売開始いたします(添付作品リスト参照)。


白い波の荒野へ ジョージア州では桃が熟れるころ スローなブギにしてくれ 人生は野菜スープ 彼のオートバイ、彼女の島


 発売は7月1日から順次導入され、7月末日までに100作品を第一次導入として公開いたします。ボイジャー直販(BinBストア)をはじめとして、アマゾンなどおおくの電子書店で販売されます。価格は1作品250円(税別)の均一価格です。

 作家・片岡義男の作品は小説だけでも現在わかる範囲で580作品をかぞえます。旺盛な作家活動をつづける毎日であり、小説以外のエッセイ、評論を含めるとその作品数はさらに大きなものになります。これら全著作を今後何度かにわけてデジタル出版していく予定です。まずは第一次100作品の導入となります。今後の第二次、第三次の導入時期は未定です。
 
 片岡義男 全著作電子化計画は、2014年7月からスタートした作家・池澤夏樹のimpala e-books(インパラ・イーブックス)との提携に続くものです。片岡義男は写真家としても知られており、本プロジェクトと併行して自らが撮影した膨大な写真をアーカイブ化する作業もおこなわれています。これらの写真を利用した新作執筆の計画も進められ、デジタル出版ならではのものとしてアーカイブ上の写真にリンクして小説を閲覧する新たな読み方を目指していきます。

 ボイジャーは、デジタル時代の出版社を目指し創業(1992年)以来一貫して、電子出版の制作、出版サービス、販売流通に至るすべてに関わってまいりました。有名・無名を問わず、 作家とともにデジタル化時代の創作活動を支援するパートナーであるべきと考えています。そのための出版の仕組みを開発しつづけ、ネットを介した出版サービス「Romancer(ロマンサー)」を備えるにいたっています。片岡義男作品も池澤夏樹作品もすべて「Romancer(ロマンサー)」をとおして実現されました。

 7月1日から4日まで開催される東京国際ブックフェア/国際電子出版EXPOに出展するボイジャーブースでは本計画のすべてを公開いたします。7月4日(土)16時15分からは、作家・片岡義男も来場し、会場特設の無料公開セミナー会場において、これまでの経緯とこれからのことなど直接みなさまへお話いたします。この機会にデジタル時代の出版サービスのあり方をご覧いただきたくおもいます。詳細は以下URLにてお確かめください。


詳細:http://www.voyager.co.jp/news/info_tibf2015/index.html



 書き記された作家の作品は、いつでも、どこでも、読めるというものではありません。かつて出版された作家の本を図書館で手にとることはできるかもしれません。けれど過去に出版された作品をことごとく書店の棚から手にすることなどすでに現実的ではなくなっています。ボランティアの力によって、パブリックドメインの本ならばひろく公開されるかもしれません。現有著作権のもとにある作品は、出版する以外に人々にとどける手段はありません。作家が作品を永続的に残すために出版を紙の本だけに頼る時代はおわりました。
 デジタル出版は作家の過去の作品を容易に閲覧できる手段として貢献していきます。同時にこれからの時代、デジタル化は作家の創作物として作家自身が所有し活用していくべきものであります。そして、単に過去の作品のデジタル化にとどまらず、デジタル化による新しい作品を生みだす創造活動の一環として活かしていく方向を模索していかねばなりません。


〈株式会社ボイジャーについて〉

株式会社ボイジャー 代表取締役 鎌田純子

ホームページ:http://www.voyager.co.jp/

1992年米国ボイジャーとの合弁で創業。エキスパンドブック、T-Time、dotBook、dotPressの開発元。2006年セルシスと共同で携帯電話向けBookSurfingソリューション(現・BSソリューション)の提供を開始。2007年コミック・雑誌等の配信ソリューションとしてWebブラウザ用プラグインT-Time Crochetを開発。2011年HTML5ベースのブラウザーでの閲覧システムBinB(Books in Browsers)を開発。本ソリューションは、講談社、集英社、幻冬舎、SBクリエイティブ、ヤフー、サイバーエージェント、BookLiveなどが採用している。また2010年からEPUB 3日本語ベーシック基準(日・英)を公開。EPUB日本語基準研究グループ(EPUBJP)を推進する。AMD(デジタルメディア協会)会員、またEPUB策定の国際団体IDPF(International Digital Publishing Forum)会員。

※ 商標について

T-Time、.BOOK/ドットブック、Crochet/クロッシェ、BinB、Romancerは、株式会社ボイジャーの登録商標です。会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。


〈報道関係お問い合わせ先〉

株式会社ボイジャー デジタルメディア事業部 萩野正昭
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-14
電話: 03-5467-7070 / FAX: 03-5467-7080
Email:infomgr@voyager.co.jp

刊行予定リスト

1白い波の荒野へ51シュガー・トレイン
2友よ、また逢おう52ベイル・アウト
3縛り首の木53夜行ならブルースが聴こえる
4麦畑に放りだされて54マーマレードの朝
5ブラドレーのグランプリ55再会
6ジョージア州では桃が熟れるころ56彼はいま羊飼い
7ひどい雨が降ってきた57パステル・ホワイト
8胸に輝く星58ビングのいないクリスマス
9パッシング・スルー59アマンダはここに生きている
10ロディオ・バム60まっ赤に燃えるゴリラ
11荒馬に逢いたい61ロードライダー
12カーニヴァルの女62アリゾナ・ハイウェイ
13モンスター・ライド63愛してるなんて とても言えない
14スローなブギにしてくれ64ワン・キッス
15ハートブレイクなんて、へっちゃら65コバルト・ブルー
16青春の荒野ってやつ66トウキョウベイ・ブルース
17人生は野菜スープ67俺を起こして、さよならと言った
18貸し傘あります68花が濡れてます
19ハンバーガーの土曜日69至近距離
20ミッドナイト・ママ70ラジオが泣いた夜
21彼のオートバイ、彼女の島71白い町
22馬鹿が惚れちゃう72ハッピー・エンディング
23ボビーに首ったけ73高原のティー・タイム
24朝になったら、タッチミー74雨の伝説
25ハロー・グッドバイ751963年、土曜日、午後
26給料日76味噌汁は朝のブルース
27烏なぜ啼く77翔びなさい、と星が言う
28旅男たちの唄78ときには星の下で眠る
2979オレンジ・ペコ、午前八時
30星の涙80人魚はクールにグッドバイ
31明日が来るわけない81彼のお気にいり
32砂に書いたラブレター82港町しぐれた
33噂のベビー・フェース83ハイビスカス・ジャム
34月見草のテーマ84いまから100年あと
35ミス・リグビーの幸福85波が呼ぶんだよ
36イチゴの目覚まし時計86ステーション・ワゴン
37箱根ターンパイクおいてけぼり87ブルー・ムーン
38さしむかいラブソング88最終夜行寝台
39ダブル・トラブル89どうぞお入り、外は雨
40どしゃ降りのラスト・シーン90瞬間最大風速
41探偵アムステルダム、最後の事件91吹いていく風のバラッド
42アロハ・オエ92限りなき夏・1
43アイランド・スタイル93結婚記念日
44ムーヴィン・オン94夕陽に赤い帆
45スターダスト・ハイウエイ95昨日は雨を聴いた
46汽車に手を振った少女の物語96バドワイザーの8オンス罐
47スイート・バイ・アンド・バイ97約束
48森から出てこなかった男98よりかかってドライ・ジン
49心をこめてカボチャ畑にすわる99ブルースのブランケットにくるまって
50時には星の下で眠る100クロスロード