Mac OS X 10.6 Snow Leopardについて

2011/9/23現在

2009年8月28日に発売されたMac OS X 10.6 Snow Leopardでの、弊社のアプリケーションの対応状況は以下の通りです。

T-Time5.5



T-Time5.5を使用するには、PowerPCエミュレータソフトウェア「ロゼッタ(Rosetta)」が必要です。
Snow Leopardを標準インストールした場合、「Rosetta」はインストールされません。 (Mac OS10.5 Leopardまでは標準でインストールされています)。

「Rosetta」がインストールされていない状態で、T-Timeのインストーラを起動すると以下のようなダイアログが表示されます。

アラートウィンドウ「T-Time5.5.7.10 Installer を開くには、Rosettaソフトウェアをインストールする必要があります。今すぐRosettaをインストールしますか?」

このように「Rosettaソフトウェアをインストールする必要があります。」と表示されたら、「インストール」ボタンをクリックし、画面の指示に従ってインストールをしてください。
「Rosetta」のインストールを行うと、T-Timeのインストーラは自動的に終了します。
「Rosetta」をインストール後、再度T-Timeのインストーラを起動し、T-TImeのインストールを完了させてください。

T-Time



Snow LeopardでT-Timeを起動し、ドットブックを開いた場合、秀英太明朝フォントが認識されず、表示がOsakaになってしまいます。
この現象につきましては、修正版で対応予定です。

 
左:秀英太明朝での表示 / 右:Osakaでの表示

T-Time Plug / Crochetプラグイン



Snow LeopardにインストールされているSafariは64ビット版のため、現在リリースされているT-Time PlugおよびCrochetプラグインは、そのままでは動作いたしません。


64bit モードの Safari 上でCrochet を使用した場合。グレーのまま何も表示されません。

修正版で対応予定ですが、それまでの間、Snow LeopardでT-Time PlugおよびCrochetプラグインをご利用になる場合には、以下の方法をお試しください。

*Safariを32ビットモードで起動する。
  1. アプリケーションフォルダのSafariのアイコンをクリックして選択する。
  2. 「ファイル」メニューから「情報を見る」を選択する。
    safariアイコンの情報ウィンドウ

  3. 「一般情報」の中の「32ビットモードで開く」をチェックした後、Safariを起動する。


どうしても Safari を 64bit で使用しなければならない場合は、Safari を使用せず、Firefox を使用することもできます。
  1. Mozilla FirefoxのサイトからMac OS X版のFirefoxをダウンロードしてインストールする。
  2. Firefoxを起動し、T-Time Plug/Crochetプラグインを使っているページを表示する。

トップページへ